FC2ブログ

歩くのも、遅い。

★3/18~20 2泊3日 フィッツロイトレッキング


本日、休息日にしようと思っていた。


でもフランス人サイクリストの2人組みが昼から登るとのことで、一緒にいくか?

と誘われる。初めは、明日行くから大丈夫と断った。


んやけど、天気の良さ、そしてテントを持っていかなくてすむとゆうメリットがあるから一緒に行くことに。






慌てて準備。そんで、皆でパスタ食べて出発。




うんうん、久々に歩くなあ。





うんうん、いやいや、あなたたち歩くの早すぎやねん。


DSC08771.jpg

サイクリストの彼らはバックパックないから、無理矢理パニアバックを背負う。




追いつけず、小走りしてみたり、
DSC08772.jpg

でもほんま景色いいわ~~~~~

DSC08779.jpg

途中お菓子休憩とる
DSC08783.jpg

リュック慣れてへんから重い。



紅葉も始まってました。
DSC08789.jpg

葉っぱの色が赤とかオレンジ、いいねー
DSC08796.jpg

こうゆう森な感じのとこも歩くよ
DSC08790.jpg



二時間半ほど歩いてキャンプ場到着。



テント立てて、荷物置いて、ミラドールまで再び歩きます。

DSC08799.jpg

ぎゃっはー足はもうガチガチだぜ。

DSC08804.jpg

でも、これだけ自然に囲まれればほんま楽しいねー

DSC08801.jpg

外人て絵になるねーーー。かっこよいやんかー


さ、戻って晩御飯たべよか
DSC08807.jpg
岩大きいねんここ。足のダメージくるやん。


おーいえー晩餐会
DSC08827.jpg

あんまり一緒に他のサイクリストとキャンプすること無いから、調理方法や、簡単お腹いっぱいご飯や補給食、勉強になりました。



そんでここでも英語は使わず、スペイン語なのだ。

ショーンとステファンだけの時はフランス語でちんぷんかんぷん。



でも、なんか、分かるようになったなあ~この人らはきっと良い人やろなとか。

三人用テントは大きく快適
DSC_6401.jpg




ま、ショーンの夜のいびきには驚いた。

ゴジラほどの爆音でないから大丈夫だ。とか思ってたら

途中で寝息?スプフゥ~とかゆう聞いたこと無い音を出しだしたからめっちゃ笑ってもた。



朝、皆で朝焼けみにいく。



色んなところで朝を迎えてきたわけやけど、ここもええがな~


DSC08837.jpg

寒いけど、きれいやわホンマ
DSC08840.jpg


山も色が変わってくよ
DSC08836.jpg

太陽でじわじわ赤く染まっていくねん。

DSC08844.jpg

さあーSUNRISE見たら朝食食べて再び今日も歩きますよ~

DSC08852.jpg

どっひゃー
見えるね~


DSC08856.jpg

フィッツロイやんー



ちなみに、このフィッツロイ、アウトドアブランドのパタゴニアのロゴのモデルになってる山なんやて!


知らんかった~~。



こんな細い道もがさがさ歩いて
DSC08854.jpg

キャンプ場までもうすぐ
DSC08858.jpg


到着して、昼ごはん食べてから、
DSC_6293.jpg

さ、さらに近いフィッツロイ見に行こうかー

もう足かなりきてたけど、ここからが一番きついらしく、



更に私の歩くペースは遅いのだ



着いたら二人はもう既に到着してて寒そうに座っていた。




えーっと、ほんで今まで見えてた肝心のフィッツロイが・・・見えへーン。




どこやねん
DSC08861.jpg

三人でイメージしながら山を見る。

確かこのへんがTorreでフィッツロイがこのへんで。。

降りるのはさらに膝が痛いなあ。

ま、天気には逆らえへんし、降りまーす。




ほんで次の朝、再び登るのだが、私は有名な朝焼けを見にいくぞと意気込んでた。


しかしやな、ステファンとショーンは朝早く起きれないからちょっとゆっくり行くと言った。






ほな、一人でいくわと決めてたのに、朝、目覚めて、んんんんー


動きたくないとなり、朝焼けを捨てた。あの有名な朝焼けを。





こうゆうときもあるさ。



再び登る。2回のぼるとか、ほんま体がちがちやわ。




DSC08868.jpg



っておおーい。かぶっとるかぶっとる。


私の怠けぐせのおかげでフィッツロイまたしてもちゃんと見れず。




20分はやければ、
DSC_6369.jpg




ま、仕方ないよね。本日戻れるーー。降りてキャンプ場へ。


2人は他のミラドールも行くと言ってきたので、私はもう帰るわと伝えた。もうこれ以上歩けまへん。



DSC08866.jpg




エルチャルテンへ向けて歩きます
DSC08875.jpg

最後まですごい景色やね
DSC08879.jpg


到着~~
DSC08885.jpg



あとから2人も帰ってきて皆でご飯作る



皆陽気
DSC08894.jpg


おいしいしたのしい

DSC_6410.jpg



次の日完全休息日にしようと思ってたのに、再び2人が歩きにいこうと言うてきた。



まじかよ。



歩くのゆっくりやったら行く、と言い、結局行くことに






1時間くらいで展望台へ
DSC08910.jpg

エルチャルテンの町を見下ろせる
DSC08909.jpg



でもこの2人はほんま一緒に行動しててもほぼ気を使うことなく、楽チンでした
DSC_6419.jpg


途中食べ物尽きてかなり恵んでもらったりと色々助かりました。




いやーそれにしてもここのフローレンシアの家に泊まってる旅人も皆親切で、私のポールなしテントの話をしたら必死で探してくれた女性がいて、壊れてたけどタダでポールもGETできました。



なんとゆーか、ほんま何でここまでしてくれるんやろーと疑問に思ってしまうほど親切で心が広く温かい人らばっかやねんな。


私もそうゆう人間にならなな。



たくさんの優しさを得てマリオとフローレンシアの家を出る朝、いや、昼
DSC08930.jpg


別れはやはり寂しいものです。



よくしてもらわれてたので余計にね。




ショーンとステファンは北上やから逆ルート、彼らともここでお別れ。




ありがとねーほんま!



エルチャルテンさらば!
DSC08931.jpg



フィッツロイさらば!
DSC08934.jpg



カラファテへ向け走ります。



途中、世界1周している女性サイクリストに出会い、うわーすごいなーテンションめっちゃ上がった。


女性一人のサイクリストは珍しいし、その上世界一周してる人は初めてやったからねー。
DSC08941.jpg
めっちゃかっこよかった。



本日は111キロ走り、キャンプした。
スポンサーサイト



| パタゴニア | コメント(2)

コメント

No title


やっぱりフィッツロイはきれいやねー。
ナタレスでパイネの国立公園見てきたけど、フィッツロイの特徴的なあの山の景観見ちゃうと物足りなく感じたわ。
こちらは今、なぜかプンタ・アレーナスに南下してきました。
3日後にバスでサンチャゴに向けて旅立ちます。
どんだけかかるんだろ((((;゚Д゚)))))))

2013年|04月|03日|09:19 |from カナ| URL

No title


なんでアレーナス?でも服とか安いから、靴下買うべきちゃう?笑
サンチャゴか~~~。楽器屋さんあるから行ってみたら?ハーモニカもあるで。でも、ハーモニカ担当はウチやけどね。とりあえず海鮮満喫しちゃって^^

2013年|04月|03日|23:15 |from おおたゆり| URL

非公開コメント

トラックバック

http://19yuri.blog.fc2.com/tb.php/84-f1f97b8b