FC2ブログ

強盗、泥棒でなく、自分が1番怖い。

★2/25 70キロ キャンプ

え、本日もアスファルトちゃうやんー。まじか。

そして、なんじゃこの長いUPは!!聞いてないぞ!!

下りは体冷えるし、町ないし。


その先にテント張らしてもらえるとこあったから張った。


晩御飯は昨日釣った魚を調理。



といっても魚さばいたことなし。



とにかく、うろこ取って、頭切って、内臓取り出して、洗って、にんにくと炒めてからスープにいれた。

DSC08253.jpg
見た目はあまりやけども、


うんまー

その後、そこの家の人がMATEやらパンやらご馳走してくれてほんとお腹いっぱい。


ありがとうございます




★2/26 24キロ Villa Amegual 宿

本日は24キロ、楽勝。高いが宿泊まる。

小さなスーパーのレジのお姉さん、J-POPが好きということで話をたくさんした。

嵐はいまいち、NEWSが好きとのこと。


チリの今有名な音楽なんなん?教えてと聞くと、



ないよ。チリはダメ。


日本か韓国の曲がイイ。




との答えで結局チリの音楽分からず。まあ、日本好きみたいで嬉しかったけどね。



夜はフランス人男性と、チリ人女性のサイクリストたちと飲んだ。




毎日自転車乗りに会うね。


★2/27 ホルへさん家 62キロ


本日の宿泊はサイクリストの中では有名な、ホルヘさん宅。



サイクリストはタダで宿泊できる、ありがたいお家です。


でもホルヘさんおらず。



子ども、めっちゃかわいい。
DSC08263.jpg

ここでメンテナンスしてゆっくり寝た。


んが、朝方6時チリ人サイクリストが独り言言い出し、急に分けわからんたぶん「助けて」って意味ぽい言葉をありえへんくらい大きな声で叫びだした。



私は恐怖で体が固まり動けなかった。



そのあとも独り言言いながら顔洗って再び寝てた。



腕には深い傷があり、聞くとガラス窓を殴るように突き破り、激しく腕を切ったらしい。




朝、病院行ってたけど、精神的な問題?大丈夫なのか、ほんま怖かった。


別れを告げ、先に私は家を出た。


★2/28・3/1 Coihaique 94キロ


94キロはUPDOWNほぼなし。

ゆっくり2泊。


高いカッパも購入した。



落とすまい。



★3/2 64キロ キャンプ場

上りメインの本日。

今日100キロ走ろうかと思ってたけど、やんぺ。


キャンプ場でステイ。



焚き火もできてあったか。
DSC08301.jpg


靴下が、あれ、ない。
DSC08302.jpg


★3/3 Cerro Castilloから20キロ先 湖前野宿

キャンプ場出る前、他のサイクリストと話した。

1組目は総重量70キロを超えるパワフル男性。



そしてもう一組は60代後夫婦。


もう既にアウストラル街道は走って、ウシュアイアまでいき、違うルートで北上してるとのこと。



驚いた。


私がへばってたとこも彼らは走ってるわけで、これから更にUPDOWNある道も走ってきているのだから。


40年後、走る?


うわー考えられへんな。凄いなほんま。



奥さんから言われた言葉はなんかめっちゃ深く、心にしみた。






あなたはまだまだ若いし、これから何でも出来るし、まだまだHAPPYなことが待ってるよ。って





若いうちにしか出来へんことやと思ってたけど、そうではなく、いつまでもワクワクすることをしようという、心から楽しもうとする気持ちがあれば、あんなにも素敵な人になれるんやと思った。


年齢なんて、関係ないんやね。



「強いわね」


そう言われることはこの旅で何度もあったけど、このご夫婦から言われた私を称えてくれる言葉は本当に嬉しかった。

DSC08305.jpg


もっといっぱい話したかったな。



感動に浸りながら出発。


晴れ。

よっしゃ
DSC08310.jpg

相変わらずの迫力
DSC08315.jpg

このぐにょぐにょを下る
DSC08318.jpg
さ、町に着くぞー
DSC08321.jpg




ここで昼食食べて休憩してから更に走って湖前で野宿



3/4 43キロ 川辺野宿

今日も天気良くて、山、湖、川、空、すべて美しい。
DSC08333.jpg

インスタントのパエリアなかなか美味しいやん
DSC08338.jpg

川近いけど、溢れてきませんように
DSC08339.jpg

★3/5 トランキーロ 75キロ 宿

夜あめ酷くて何度も目覚めた。

朝も少し降ってたけど出発。


ずっと曇ったり雨で景色はよろしくない。



そして、宿着いて衝撃。


は?ん?え?



なにが?どうゆうこと?



荷物を下ろそうとして気付いた、テントがないという事実。



うそやろ?



途中であったのは覚えてる。



慌てて自転車で来た道を引き返す。


なんせ、この悪路、自転車は激しくジャンピングを繰り返してたもんやから、きっと落ちたにちがいない。

車の運ちゃんにも聞くが、見てないよとのこと。



きっとだれかに拾われてしまってるね。ってまじか。





さすがに凹んだ。



もっとしっかりせえよ。




治安悪いという南米で、私は一度も危険な目に合わず、しかしながら、たくさんの物を無くしています。


全て自分の自己管理不足により。




泥棒よりも怖い、太田裕理の適当さ。



すん。




★3/6 トランキーロ 延泊

朝、マーブルカテドラル見に行く。


久々の観光


めっちゃきれいな湖
DSC08347.jpg

ボートでGO
DSC08348.jpg

そして自然にできた洞窟みたいなものがたくさん
DSC08354.jpg

突入
DSC08360.jpg

これが自然にできるなんて、ほんますごい
DSC08398.jpg

これがうわさのマーブルさんね
DSC08406.jpg


いやーたまげた
DSC08409.jpg

世界にゃまだまだ凄いとこがあるんやろね
DSC08411.jpg


一仕事終えたガイドのおじさんの顔
DSC08422.jpg

おつかれさんでした




メンテナンスして気付いたこの日。



あ、そういえば。



そう、日本出発前にハンドル内に忍ばせたUS100ドル。




すっかり忘れてたけど、





・・・あった。

DSC08428.jpg


にひひ

スポンサーサイト



| アウストラル街道 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://19yuri.blog.fc2.com/tb.php/80-c0dc6db1