FC2ブログ

湖の向こう側の無人の森?に住むベロニカにゆりは出会った。

★2/6 ベロニカの家 9キロ

さ、昨日は24キロしか走ってないし、今日は未舗装路やけど、頑張って走ろうと思ってた。


だからアラームも5時、6時、6時半とセットし、夜は20時には寝てた。




あれ、アラームならんなあと気持ちよく起きたら7:40.。。

え?またやってもた?



目覚ましチェック。ちゃんと鳴ってるやん。なんで?


すぐ起きるタイプやったのに、何この残念な変化。





9時半頃走り出す。


あー、悪路&激坂。まじか。まじなのか。



びっくりするわ。とりあえず、約9キロを2時間かけて。




まだ悪路は続くけど、トルティージャ・パンと書かれた小屋発見。
DSC07900.jpg


購入してちょっと休憩することに。





ひたすらパンをかじる。



すると、おばちゃんらが中入ってMATEでも飲みやと。



MATEとはお茶みたいなもんやね。




ありがたくちょうだいする。



どこで寝るの?みたいな話になる。





あー今日も野宿やろな思ってた。この悪路やし、次の町までいける自信なかったからね。




ほな、行くわ言うと、



え?行くの?私らとおるの嫌なの?





っていや、そうゆうわけではない。昨日は24キロ。今日9キロて。そしてまだ12:30






どうやら、「私の家この湖はさんで向こうにあるから家泊まったらええやん。」


そして「明日朝早く出発したらええやん。」みたいなこと言うテル。




ゆうことで、決まり。



本日もう走らず、店番。



トルティージャとパン食べたあとに、昼ごはんつくりに行くでとベロニカ。




ボートに乗って向こう岸のベロの家へ。


手漕ぎね。
DSC07890.jpg

ほんで到着。約15分。



ええやん。
DSC07910.jpg
はだしのベロ。


ベロの家の後ろに姉のビッキーの家。あと1件空き家。よってここには人間2人。



でもビッキーはよく外でるらしく、ほぼベロのみ。



2人とも結婚して子どももおるけど、子どもは巣立ち、離婚したらしい。



このへんの人ほとんど離婚してるよ、てほんま?



家には水道も電気もなく、調理、飲み水は湖か、近くの滝と川からいただく。
DSC07895.jpg



今まで訪問した家、どこも水道はあったよなあ。


ナバホ族は無かったか?でもテレビあったしなあ。




え、一番野生的やん。

しかもここチリ。





湖で釣ったというお魚を調理してくれて、作り終えたらまたボート乗ってお店へ。



姉のビッキーと3人で食べる。おいし。



ベロに魚に骨あるから気をつけてねと3回言われた。




いや、分かってるし、子どもちゃうし、25歳って言うたし。





ま、ベロのそういう優しさはめっちゃ嬉しいけどね。




ほんでビッキーは少し離れた町PUCONへ買出し。



もちろん、ヒッチハイクで。





店は18時に閉めて、店の中にある全ての物をボートに積み込み、ベロの家へ。



もちろん自転車もね。

ひとつのボートに全ての荷物を。もうひとつに私とベロが乗る。




ベロが再び漕ぎ、

私がボートを引っ張る。
DSC07903.jpg


てか、ボートからの景色よ。
DSC07889.jpg

めっちゃきれい。ごめんよ、ベロ。私は鎖を持ってるだけ。




代わろうか?と聞くと、危ないから座ってと言われる。





再び到着。


私は川で頭洗ったり洗濯してた。




てか、水汲むのほんま、大変。腰爆発するかと思った。




なんか音するなー思ってたらベロが大きな斧を振り上げてまき割りしてる。





思わず笑ってもーた。




いやあ、すごいわ、ベロ。




今日はいっぱい食べた。

でも、ベロとは話がほぼ成立しない。



え?何?は?


みたいなんやたら言うから久々電子辞書使いながらコミュニケーション。






最初家着いて、子守歌。

ではなく子守辞書読み出す。意味不明やった。



なんで辞書?



これは寝る前に読むと眠くなるの。と、でもほんまや、表紙に寝るための辞書と書いてあった。


でも何でいきなり?いや、ほんまウチのこと何歳扱い?






ベッドはちゃんとあった。


「夜中、もしトイレ行きたくなったらここでしてね」と扉の前に洗面器みたいなやつ置かれる。



「夜、レオンが出るからね。」




ほんま、どんなとこに住んでるねん。




夜中トイレに行きたくなる。が、意地でも我慢した。








朝起きる。寒い。


のに、ベロは袖なしシャツに短パン。元気やなー





さ、トルティージャ作りをスッとはじめました。
DSC07913.jpg

粉と水と何か混ぜてこねます。






いやー、てか、なんか、お礼に何かしたい。


表札作ろう!



と、家の周りにあった木を使い、こっそり作業しようとすると、、





「なにしてるの?今からトルティージャの生地伸ばすから、来て」


って。




はいー。
DSC07915.jpg


ほんま何言ってるか分からんけど、笑顔がめっちゃかわいいねん。


しかし、この伸ばしてるとこの小屋は焼くとこと一緒で、暑くて灰が舞い散ってて目が痛い。
DSC07916.jpg

たまらず伸ばし終わったらすぐ出る。




そして、次に生地をまとめて、1個1個の大きさにカットします
DSC07917.jpg


え、大きいねーって言ったらコレ小さいほうやでって、そうなん。





まるめます。
DSC07919.jpg


そして、平らに伸ばします。
DSC07920.jpg



灰舞い散る焼き小屋へ戻り、10分寝かせます。

DSC07921.jpg


そんで、焼くとこ見逃す。しまった。




もう、取り出す作業に入る
DSC07923.jpg


え、灰の中ぶち込んで焼いてたん??


こんな焼き方あるんや!!


DSC07928.jpg

なんか色やらを確認して取り出します。





そして、灰をはらい、焦げすぎてるところは削ります。
DSC07932.jpg

全部で11個。


このうちの1つを私にくれた。ありがとう。

たった10個というトルティージャを持って、さ、今日も売ります。










朝早くでるとか言うてたのに、もちろん無理。



でも、なんか、寂しかった。
DSC07938.jpg


またベロが漕いでくれます。




私がやったこといえば、かける度に片方のレンズを床に落とす、ベロのめがねを日本の強いガムテープで補修しただけだ。
DSC07911.jpg

ベロは嬉しそうに、もう落ちないねと笑った。




いや、ちゃうねん、もっとなんかしたかったのになーー。



あれ、人喜ばせるのってこんなに難しかったっけ?





別れ際はほぼ何も喋らないベロ。




電話番号教えて言われたけど、持ってないよ。


つか、ベロもないやん。


パソコンもなけりゃ、FaceBookもしてない、この家は住所もない。





こうゆう知りたい人に限って、知ることが出来ない。




いつ戻るの?って分からんよ。




またいつか。


と若干半べそかいてお店から出た。




ほんまありがとう!さよならベロ!!

ちょっと走って再びアルゼンチンへ。


イミグレ忘れてた。またもや並ぶ。1時間半くらい。




そっからの悪路は下りメインやったけど、めっちゃ怖い。がたがたすぎるやろ。




ほんで最悪なことに前のキャリアとめてたネジが外れた。つか、ねじ山なめてる。


ねじ入れてもスカスカ。こりゃいかん。




応急処置する。
DSC07951.jpg


完璧。


ガテマラでボルトやらナットを送ってもらってて良かった。



これなかったら間違いなくヒッチハイクしてたわ。




悪路やけど、景色はよい
DSC07949.jpg

ほんでコレをくぐれば舗装路に!!!
DSC07953.jpg

おもわずテンション上がり、叫ぶ。



フニオデロスアンデス到着。78キロ。



未舗装路は昨日の9キロもあわせたら約30キロ。


おつかれさんでした。


っしゃーーーーー
スポンサーサイト



| チリ | コメント(2)

コメント


ベロ最高♡♡♡


素敵すぎてさっき前の記事コメントしたのにまたコメントしてもーた♥
暇ちゃうで。

2013年|02月|14日|16:10 |from しぃこ| URL

No title


しーこ★
めっちゃ忙しい日々送ってるのに、わざわざコメントありがとうやで。ちなみにベロは13歳からタバコ吸ってて1日も吸わない日はないとゆう、THE不健康やで。かっこええやろ?

2013年|02月|16日|09:41 |from おお| URL

非公開コメント

トラックバック

http://19yuri.blog.fc2.com/tb.php/77-e4d89953