FC2ブログ

やはりペルー人は優しいで。アバンカイまでー

★10/21 51キロ



朝は小さな町で朝食を。カナダ人バイカーと一緒に。
DSC04868.jpg


向かう方向は一緒。しかし、ごちそうさま、ばいばーいであっという間に見えなくなる。はやっ


本日も上りはきつく、時速4~5キロで左右にふらつきながら上る。

んがしかし、下りも結構あって今日中にチャルワンカまでけるんちゃう?思った。


途中、ヒョウ降ってくる。小粒やからそのまま走るがやはり寒い。


標高4000M超えるとなんか空が近く感じる

DSC04830.jpg


うおー気合入れてバナナ食べて上ってたらQiuillcacasaてとこに着く。


そして子どもに絡まれる


どこから来たの?どこに行くの?




坂でひーひー言うテル私に質問攻め

まだお腹空いてないけど昼ごはんここで食べることに。



子どもたちに教えてもらったレストランで。安いし美味しいし店の人も凄い良い人ら。

DSC04894.jpg


他のお客さんとも喋ってそろそろ出発しようと思ったら、雨。



すぐに止むよと少し待ってたらヒョウに変わる。
DSC04900.jpg


うそやん


犬もそら逃げるわ
DSC04905.jpg



それから3~4時間止まず本日走行やんぺ



雨やんだら始まる道路で皆でバレーボール
DSC04919.jpg

寒い中、面白かった



その後最初に絡んだ子どもたちとサッカー


結局6:30頃まで遊ぶ




ほんでキマシタ「アロスコンレチェ」=ごはんに牛乳


をいただくことに。一回オーストラリア人に作ってもらって食べたことはあるからなんとなく分かってたけど、ここで食べたやつはめっちゃ美味しかった



キッチンに招かれる

DSC04924.jpg

え?



コトコト米を牛乳と砂糖とシナモンで煮込みます

DSC04930.jpg


んー寒いときにはたまらん、おいしい!



そして前回の教訓を忘れたユリは調子に乗っておかわりをしてしまう。


並々もう1杯つがれた「アロスコンレチェ」

DSC04932.jpg



しかし、2杯目はなぜか急に日本人感覚が戻ってきた

「私は白ご飯よ、私は温かい牛乳に味付けは砂糖とほんのりシナモンよ」




うーーーー
お腹一杯やし二杯目まじで気持ち悪くなりながらもゆっくり完食。




20時くらいまで喋って夜は近くのHOSPITAJEへ



一泊7ソル(210円)ベッドが5個ほどある山小屋みたいなとこ。


おばちゃんと一緒にいく。

おばちゃん、寒いから一緒に寝ようと私をカイロがわりに扱う。えーー一緒のベッドとか狭いし嫌やなー思ったけど断れず。



案の定寝返り打てず苦しい時間が続く。しかも途中トイレ行った間にベッドほぼ占領される。無理やり押して自分のエリアを広げようとするがなかなかうまいこといかず。




おばちゃんが寝返り打った隙に、

よっしゃー確保。なんやかんや寝るが途中来たおじさんの独り言うるさい。


朝は昨日の子どもたちが入ってきて起こされる。なにこれ

DSC04910.jpg


★10/22 58キロ CHALHUANCA



朝ごはん食べてゆっくり9時頃出発。



さてさてどんな感じやろ思ってたらやはりそんなに上りはなく298キロ地点からは下りーー
DSC04877.jpg

アルパカもモフモフ
DSC04879.jpg


12時前には着く。


そしてまさかの一緒に寝たおばちゃんに会う。用事あったらしいが、なんか嬉しかった。「早かったねー、明日もがんばってね」その一言が嬉しい。


HOTEL一泊25ソル(750円)
本日ゆっくりして、明日はアバンカイまで。




★10/23 127キロ アバンカイ HOTEL 30ソル

なめんなよ、下り坂。前半歌いながら余裕のゆり。
DSC04941.jpg

しかしやな、風が襲う、私を。強烈向かい風。



下ってるはずやのにめっちゃこがなアカン、なんてこった。


そしてラストの上り、パトカーに乗るか?言われ迷うが断り、その後バイクの警察と並列してしゃべりながら坂上る。



ヘロヘロでアバンカイ到着




すると一人のおじさん、まあ座りなと食堂へ



インカコーラとお肉をご馳走してくれた。お金払ってくれて気をつけてとすぐどっか行ってしまった。
DSC04976.jpg


クールやなあー感謝ですわ。




その後のホテル探しも、街中のおばちゃんと話しながら。一緒にセントロまで歩きながらついてきてくれて、めっちゃ優しい人やった。







あー疲れたのに、まさかの水しかでないシャワー。風邪ひくわ
スポンサーサイト



| ペルー | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://19yuri.blog.fc2.com/tb.php/51-7f4bf04b