FC2ブログ

NAVAJO族の敷地内にSTAY

Kayenta 50キロ

今日は休憩もかねて距離は少なめ。フラットな道がこんなにも楽だなんて。

11時過ぎにには着いて、食べ物の買出ししてたら豪雨

雨宿りしてたら車椅子のおじいさんに話しかけられる。

普通に話してたのに、急にお金ちょうだいと言われる。

$5、いや$3でいいからと。


無理無理、お金持ってないと答える


すると、クレジットカードでいいから、って誰があげるかいな。


他にも危なそうな人がチラホラいたから、場所変えてガソスタへ。



するとまた話しかけられて、テント張れそうなとこあるか聞くと、近いしおいで的なこといわれ、車の後ろをついていく。

もちろん、危ないオーラは無かったからついていきました。



え、ここ?

かーなりだだっ広い土地に作り中の仮設住宅みたいな家と、廃車、バス、小屋、馬、ヤギ、犬、猫、鶏、ハエ、そして子どもたち。


とりあえずテントたてる
DSC02352_convert_20120811085039.jpg


じっとするが暑いからテントからでて、子どもたちのほうへ。

警戒してます、かなり私のことを。


まずは自己紹介して、ちょっと喋ってたら、馬に乗る?て。

こどもたちはすぐに準備してくれて、馬に乗って散歩GO


楽しかった。

ほんで次は赤ちゃんのトカゲを捕まえて、ここはベッドでここはプールねとリカちゃん人形ではなく、リアルトカゲ遊び。

炎天下の廃車内かくれんぼ。ハエは100匹を軽く超えていただろう。


おいでと言われ、果敢に飛び込むゆり。

うげー、暑いしハエハエハエ。こどもたちと対等に遊ぶ。



次は豪雨でできた大きな水たまりを指差し、あそこへ行こうと言う。もはや池である

靴を脱ぎ、裸足でGOだ。


いたいいたい。

そして泥沼へGO.

もう泥だらけ。日が暮れるまであちこちの水たまりへ入り



男の子はガラスを踏んで血だらけで走っていた。


そして、その泥だらけの足のまま私のテントへGOだ。


一切水とか飲んでなかったから水いる?と聞くと、こどもたちは目をぎらぎらさせて、いいの?って。


そして、おいしいおいしいと嬉しそうに勢いよく水を飲み干す。


DSC02354.jpg

バナナと水をあげるとすごい喜んで食べてました。

もう、めっちゃかわいいねん、こやつら。

DSC02371.jpg





あちゃーーーーテント内泥だらけ。

もう、いいわ。好きにしてちょうだい。


この日の夜、年に2回行われるという、羊と牛にお薬の注射をするという大切な行事にも参加。

10頭以上の羊と牛を男4人くらいで捕まえて、ここでもひっくり返して、どーんである。


それはそれはすさまじい光景で、羊や牛のベーベー泣く声が響いていた。


ゆりもやりな、と注射渡され羊に注射。



なにこれ。


ま、すごい経験させてもろて、感謝です。



最初、首切るんか思ってかなりびびってたけど、注射でよかった。


こどもと1日中遊んでたゆりはナバホ族に気を許してもらえたのか、もう1泊したら?と言われて、次の日も泊まることに。


この日は家にも入れてくれて、雨がひどかったから家の中でこどもと遊ぶ。

DSC02384.jpg

雨がやむと、廃車

DSC02388.jpg

そして1週間前に生まれたわんこを見せてくれて

DSC02382.jpg

カメラを渡すと、スマーイル。

DSC02398.jpg


もう言われるがまま。


この日は土足でテントへ入ってきた。


どうぞどうぞ。


しかし、やぎを連れ込もうとしてきたときは、さすがにやんわり断った。



とにかく、すごい良い経験できた。ナバホ族のこの家は水道もガスもない。トイレもシャワーももちろん無い。

飲み水はなんかすごいでかいドラム缶みたいなとこに入ってる水で、きれいではなかった。

電気はあったけど、つけることはなかった。


ゲームを知らない子どもたちと遊んだ二日間は最高でした!!!

日本ではこうゆう子どもも減って着てるんちゃうかなーーーー・・・・。



とにかく、ゆりはもう、どこでも寝れる!
DSC02380.jpg


水で洗い流しましたが、限界があります。

明日はシャワーあるとこ目指します
スポンサーサイト



| USA | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://19yuri.blog.fc2.com/tb.php/28-2b8262aa