FC2ブログ

走る走る走る。

本日はクリスマス。

全くクリスマスムードゼロのメンドーサ。暑い。

そしてクリスマスソングも流れない。

昨日は宿の皆でワインにビールに肉で腹12分目。なんか最後コーラと何かを割った苦いお酒を回し飲み。




うううー苦しかったぜ。



ほな、更新を。




★12/14 La Vina 91キロ 野宿

朝、起きて昼食用のサンドイッチ作りにとりかかる。



昨日から下準備していた、醤油とにんにくにつけておいた肉を使用。

卵にくぐらせ、パンを削り、パン粉を作ってつけて少し多めの油で焼く。




そう、1つはカツサンド風。

もうひとつはナスとピーマンと肉をトマト風味の味付けで炒めてはさむ。




特大サンドが6つ完成。


1つは朝に食べて、5つ持ってGO




昼ごはん休憩が楽しみやった。



虫がいっぱいおって、食べるのちゅうちょしたけど、おいしかったー
DSC06835.jpg




ほんでホテル聞いたらないとのことで、11キロ走ったらあるよ言われたけどもう面倒臭かったから野宿
DSC06839.jpg


アリにやられたテントを剥がれやすいというデメリットしかないテープで修復
DSC06838.jpg

穴広範囲すぎるわ。




逆方向から来たバイカーの人にこの先宿あるとこないとこ情報をいろいろ教えてもらった。
DSC06837.jpg


とにかくこの暑い中、救いといえば、冷蔵庫に入った冷たいジュースが飲めること。




★12/15・16 Cafayate 110キロ 

いやー暑いし地味なUPDOWN続くし、

DSC06842.jpg

きれいやけども
DSC06848.jpg

写真ぱしゃぱしゃ撮ってた

DSC06851.jpg

うーむ素敵
DSC06853.jpg

ここ、有名なとこやのに、気づかずスルーしかけた。2,3人観光客おったからん?ってなったけど、危ない危ない。
DSC06859.jpg

なんかアメリカの国立公園がずっと続いてる感じの景色。
DSC06873.jpg

いいねーこの色
DSC06887.jpg


でも最後数キロ手前で水なくなるわで後半ほんましんどかった。

昨日のバイカーに教えてもらった宿行こうと思ったけど途中で声かけられ、安いし近いホステルへ。



1日目は外食。ビールもね。おいし
DSC06895.jpg



でも前菜食べ過ぎて、メインがっつりすぎて半分も食べれずお持ち帰り。
DSC06896.jpg




2日目は宿の人におすすめされたワイナリーへ。
DSC06900.jpg


ぜんぜん味分からんが、グラス回してみて香りをかいでみたり。

DSC06907.jpg



結果、ジュースに近いワインが私の口にはぴったりやった。



5杯くらい飲んだから途中酔っ払いながら説明聞く。
DSC06904.jpg


てかスペイン語での説明は難しすぎ。



宿は蚊だらけで参った。寝るときもずっと蚊のブーンってゆうやつにうなされた。


朝起きたら顔めっちゃ噛まれてた。




両まぶたも。奇跡やん。ほんま腹立つわ




宿の近くでおばちゃんが焼くチーズ入りのパン。
DSC06914.jpg

おいし
DSC06915.jpg


しかし暑い。あついで~




★12/17SantaMaria 92キロ


いやー途中まではよかったで。バイカーのおじさんに勧められたRuinas of Quilmes。


ここ行くまでルート外れて5キロやねんけど、まさかの悪路。砂もりもりでさらに上り坂。


足一気に疲れてここに向かってるの後悔する。しかし引き返すにも、ここまで来たし・・みたいな葛藤。




もう嫌やなって自転車を置き、残り2キロ小走りで向かう。



これでしょぼかったら・・・とか思ってたけど、着いたら、
DSC06922.jpg
あらま!


少し歩いて登って
DSC06930.jpg


おおおーなかなかスゴイやん、なんじゃここ。
DSC06932.jpg



サボテン&遺跡の組みあわせは前もTilcaraで見たけど、また雰囲気違うくてよかった。
DSC06928.jpg




でも雲行き怪しくなって急いで小走りで自転車の元へ。あってホット一安心で町に向かう。
DSC06943.jpg




舗装路になり、よっしゃ思ってたら、、、

また未舗装路になる。なんでやーーーー!!!?
DSC06951.jpg


しかも、雨フル。強め。



もうきつかった。明日も宿ある町まで100キロ超え。。。



どこかで休息を!!!




★12/18 Hualfin 100キロ

さあ、6:30に目覚ましかけて起きたら8時前。うそやろ?つぶやくユリ。


朝ごはん食べて出るの9時過ぎ。そんで順調なペースで走る。





本日、野宿は覚悟してた。



町までの距離が書かれた緑の看板を見て、90キロ地点で水買って野宿かしら。。。とか考えながら走る。




70キロ超えてから鬼の向かい風。まじかよ~~~



しかし走るしかない。


車の通りも極端に少ない。




もうやらしい考えでてくる。



前方に1台の車が止まっている。声かけてくれへんやろかと、手前から自転車降りて押しながら歩く。






これは、よりしんどそうに見せて、「え、乗る?」の声かかり待ち作戦。


んがしかしやな、横通ったらおじさん新聞読んどる。




結局あいさつだけで終了。







この後、ほんまに後悔。

素直に乗せてくださいと言えばよかったと。



まさかの悪路の砂もりもりゾーンに。風もやまない。看板に書いてた町が無い。そして命の水無くなる。

完全FUCK!!!!!!


砂に取られ、風にあおられ、ふらつきホンマきつかった。せめて水あったらもう野宿やったんに。。。





車も全然通らん。




でももう決断する。ヒッチハイクしかない。





でも止まっててもなかなか車こーへんから走りながら、ミラーで確認しつつ。



ほで、1台の車が!!!!慌てて足ついて、親指上げる!



パフィーハフーみたいなへなちょこのクラクション鳴らされスルー。


まあ、大量の荷物積んでたし無理そうやな、と思ってたら続けて大きめの車キターーーーー!!!






あわてて降りて高々と親指を上げる!




スピードを落とし、窓がウィーンと下がる。きたきた!!!!思ってたら



さわやかに親指上げてグーサイン返されて、GOOD LUCK!と笑顔で通り過ぎた。






・・・・・・・。


いやいやそうじゃないねん・・

思わず、ちゃうねんちゃうねーーーん!!!!と叫ぶゆり。



誰がわざわざ自転車降りてあいさつするねん。完全助け求めてる顔つもりやったのに、全然伝わってなかった。






それから車は対向車しか来ず、走り続けてたら、1台目の黒い車が止まってた!


奇跡!!!!!


ほんま助かったけど助手席には犬も2匹乗っててタイヤもドーン。
DSC06956.jpg

ドア無い車やったから体半分はみだして、乗った。

 



自転車どこに積むんやろ~思ってたらまさかの前!!はさむ!!

DSC06953.jpg


そして途中エンジントラブルで走らんくなる!!まじで~~~

DSC06955.jpg



でも10分くらい格闘してエンジンかかった。よかった~~~




町まであと15キロくらいやったけど、ずっと悪路。ほんま助かった。
DSC06963.jpg

お水はホンマ大切。



そして、ここの宿にいたワンコちゃんの可愛いこと!猫派から犬派へ再び?
DSC06975.jpg

久々犬かわいい思ったわ。あの散々追いかけられてた日々を忘れてこの子犬ちゃんめっちゃ追いかけたわ。
DSC06973.jpg


ズルズル~~ってなんやこいつ。メロメロ
DSC06970.jpg


★12/19 BELEN 66キロ


暑いわねーーーー。本日40度超え!!


初めの6キロは悪路やってデンジャラスゾーンも端っこをそろそろ歩いて
DSC06946.jpg


そっから舗装路のつるつるの走りやすいこと!




ホンマ楽~~~!!!って思わず叫んだわ。





★12/20 103キロ


本日も80キロ超えてから猛烈向かい風。

完全心バキバキ折れてたときに工事現場のおじさんにファンタより毒素強そうなジュースいただいた。



ほんま嬉しかったし、冷たく美味しかった。



町着いて小さなスーパーにて、日本人?中国人?


とここまではよくあるパターンやったのに最後にインドネシア人?って聞かれた。





なんでやねん!!!!!!


いいえ、日本人です。とクールに、半笑いで答えた。







・・・インドネシア人て。。やはりパーマとヘアバンドのせいかしら。



そしておばちゃんに、痒いねん・・と大量に噛まれた蚊のあとを見せると、お薬塗ってくれた。



効き目めっちゃいいやん。痒みが止まった。噛まれすぎやろ~言われたけど優しいおばちゃんやった















| アルゼンチン | コメント(0)

クレイジーな夜

★12/9 HUMAHUACA 92キロ

本日も8:30頃出る。朝、パン食べて出る。お腹の調子はなおってへんけど。出る。



なんとも不思議な風景
DSC06632.jpg
地学の先生とかやったらおおおー!って余計思うんやろな~

地層の勉強、したな~
DSC06637.jpg


バームクーヘン食べたい。

標高3700Mの高さまで登ったらそっから下り基調やったため14時くらいには町到着。


宿探してて、結構高かったりしてて5件目くらいでwifiつきで45ペソのとこ教えてもらってそこに行こうとしたら誰もいない。



横の食堂みたいなとこで昼食。


めっちゃ美味しかった。


ほで出ようとしたら、宿探してるの?と他のツーリスタ。



そこの横の宿がいいねんけど、誰もおらんと言うと、1人の女性がそこに泊まってるらしく、とりあえず案内してくれて荷物置かしてもろた。



同じ部屋のメンバーはこのウクライナ人女性と、アルゼンチン女性だ。






まあ、とりあえず暑すぎるから飲み物買いに外出る。





すると、なにやらやってます。


バスケ?思ったら違うくてハンドボールやった。
DSC06648.jpg






ウチもジュース買って観戦。



ハンドとかちょっとしかやったことないけど、見てて面白かった。


最後のシュート打つときのフェイクとかパス回しの展開の速さとか。
DSC06653.jpg


やっぱスポーツマンはかっこいいなー。







宿に戻ったらアルゼンチン人の女性もいて、ちょっと喋った。




あなた、頭おかしいやろ?


そうやって言ってくれる人とはたいがい仲良くなれる。







夜、なんや分からんけど、誰かの家でご飯作って食べるらしくウチも一緒に行くことに。



スペイン語と英語のミックスで会話。

DSC06663.jpg




他にもたくさんの人おった。
DSC06666.jpg

みんな陽気


南米の笛、えーっと、ケーナやったかな?
DSC06673.jpg

これほんま難しくて全然音でーへん。



途中で来た桜木花道も挑戦。
DSC06676.jpg
もうなんか、変な音しかでてへん。笑った





アナはギターも弾けて歌声もかわいらしい。
DSC06685.jpg

花道なんでも興味示すけど、めっちゃ近い。



思わず近い近い!と突っ込んでしまう。



ワインにビールお酒も入り、皆1本のタバコを回し吸いしてる。





もちろんウチノとこにもきて、いらん。今まで吸ったこと1回もないし。



言うと、なら今日が初か!!!吸うべきだよ!




みたいな乗りに。私はノリがいいため、吸ってみた。

DSC06680.jpg





口いっぱいに煙を吸い込み、そのままおえーって吐き出したら、


ちゃんと吸い込まないと!と言われる。





ちょっと吸い込んだら、ほんまに毒が体に入ってくる感じがしてゴホゴホむせた

DSC06682.jpg


いやこれ、まずー!!!!なんでこんなん吸ってるん?クレイジーやわあなたたち。


と言ってやったけど、皆けらけら笑って、まだまだ子どもやなみたいなこと言われた。







ワインももういらんけど、注ごうとしてきたから、ちょっとだけ。


と言ったら、この町に「ちょっとだけ」なんて言葉はないのだよ。




とかぬかしやがる。



だから私は、「たくさんちょーだい」と言った。そして皆が見ていないところで色が一緒のコーラと割って飲んだ。




でもなんかホンマ楽しい空間やった。


DSC06683.jpg

ほんま笑いがとまらん

ご飯食べたあとは皆で踊って。



みんなの名前を適当に、漢字使って書いてみたり。



例えば、ジャマイカ人のローレンは「楼蓮」とか。皆私も、私も言うてきて、若干ダサイなあ思いながらも気に入って練習してたり。





久々にげらげらと大笑いした。





で、結局この家がよく分からんかったけど、毎日バックパッカーの人らが集うみたい。

素敵やね。
DSC06707.jpg




結局宿戻って寝たの3時過ぎ。





★12/10 Tilcara 50キロ

うーん眠い。朝10時過ぎに出発。

走りながら昨日のことを思い出す。

DSC06686.jpg




思わずわらける。ほんま楽しかった。



下りメインで1時前には到着。
DSC06727.jpg



宿ありすぎて迷う。けど、昨日ジャマイカ人の楼蓮に教えてもらった宿が安くてよかったからそこに決定。




しかもそこの宿の人がここ、Tilcaraの観光名所みたいなとこいっぱい教えてくれてめっちゃ親切。




だが、とりあえず、昼寝を選んだゆり。






夕方から教えてもらったとこへGO





近いけど自転車で。



自転車とめて少し歩くと、
DSC06730.jpg


おおおおおーなかなか面白いやん。

DSC06733.jpg


サボテンと遺跡が広がってます

DSC06739.jpg






子どももいっぱいおった。






歩き回って写真とってたら暴風になってきたから退散。

DSC06759.jpg






帰りに子どもが、日本人?と聞いてきた。



こんな小さい子も日本のこと知ってくれてて嬉しかった。





戻ってかわいい服屋さん立ち寄る。



この町ええやん





★12/11 Jujui 93キロ 宿50ペソ

相変わらずの景色。

すばらし
DSC06784.jpg


でも、しばらく走ってたらなんや渋滞?

DSC06790.jpg
とか思ってたら、




ん・・・・????
DSC06788.jpg
えーーーー


車が半分泥沼につかってる!!!??

DSC06796.jpg

家も


そして救助にあたってた警察
DSC06792.jpg


聞いてみたら昨日の豪雨で土砂崩れ発生したらしい。死者は出てない模様。

丁度全員中から救助できて病院に搬送してるとこやった。




それにしてもぞっとした。


やっぱり自然はこわい。山のふもとでテント張ることもあるし。。でも皆無事でなにより。


町到着

ここではひたすらのんびりSTAY.

ようやくHOSTELカードが役に立ちだした。


アメリカで作ってから1度も使用しなかったけど、アルゼンチン入ってからこのHOSTELマークの宿が多い。
DSC06807.jpg





まあ割引きいても高かったりするけど、安くしてくれるからありがたいね。




★12/12・13 SALTA 102キロ

あつーーーー。びっくりするわ。
DSC06814.jpg


この暑さ、そして上り。ずっとくねくね同じような緑の中の道やったから、何回もえ、さっき通ったとこちゃうよな?ここから脱出できるよな?思いながら走ってた。



行く手を阻む牛
DSC06823.jpg



緑はほんまキレイやし気持ちいいけど、さすがに暑さにより参った。



そして大量のちょうちょ。虫。
DSC06821.jpg




何度も顔にぶつかってくる。




やっと町について、宿探してたら若者が教えてくれたとこが安くてよかったから決定。





スーパー行って久々に自炊とかしてみる。


大好物のなすび
DSC06826.jpg



肉も安いから購入


びっくりするわ。めっちゃおいしいやん。
DSC06828.jpg



次の日もスーパー行くだけ。


料理が楽しかった日々でした。







| アルゼンチン | コメント(0)

更新します!トラブル続出~~

だいぶ前にブログ更新しようと、書いてたら、全部消えて、いじけて、すべらない話ばっか見て面倒臭くなってました。

本日は12/23 Chilecitoとゆう町で1泊、久々の休息日。


ほな、日記見ながら更新していきまーす





★12/5 58キロ 野宿

ボリビアのTupizaを出て景色に見とれながら走ります。


トンネルあったり
DSC06585.jpg

うん、すごい
DSC06576.jpg

最初は写真撮る余裕もあったが、んがしかし、何この急な坂。



久々きつい。やばい、やばいやん。


しかも、もう下りくるやろーとか、これ登ったら下りやー思いながら現れる上り上り上り坂。



10回以上は繰り返し、いつ走るのやめようかと考えながら走る。


小さな町についても店すらなく、何も無い。



でも昼時やったからか、屋台出してるおばちゃんら発見!
DSC06599.jpg




ラッキー。ここで腹ごしらえ&コーラ



よっしゃ走ろう!とこっからや。




さらに勾配きつくなり、時速4~5キロでさらに暑くてへばった。




よって、ビジャソンまで行けず、野宿決定。


張れそうなとこはいっぱいあるんやけど、地面にはアリおるな~って嫌な感じ。





でもしゃーないからアリの巣だけは避けて、テント張って、ご飯作って食べて、映画見て寝た。




起きる。











1匹のアリが寝袋の上を歩いている。なんでや?



チャック全部閉めて虫の侵入を防いでたはずやのに。




まあ、最初に荷物と入ってきたんかなーって思いながら片付け開始。






カバンを取ろうと持ち上げた瞬間、目に入ったのは大量のアリアリアリアリ!!!!!!




うぎゃああああああああ!!!!!

と叫びたいところ、声を押し殺し、かばんを元の位置に戻す。んふー。鼻息が荒れる。




一気に目が覚めた。なんてこった。




冷静になれ。冷静になれと落ち着かせ、まずはパソコンをなおそうとパソコンケースを持ち上げた瞬間、










目に飛び込んできたのはさらに大量のアリーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!



しかもカラーはレッド。




だあありゃあああああああ!!!!!!



パソコンケースを開ける。



うじゃうじゃうじゃうじゃ・・・・





ぎゃぴいいぃいいいいいぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!



全て心の声である。



放心状態である。





完全にアリにテントを襲撃された。


一体どこから?






とりあえず、アリを虫除けスプレーで殺しながら片付け作業に入った。



荷物を全てテントから出し、ユリの逆襲。





もう、生き物の命の大切さとか、そんなん言うてる場合ちゃうかった。


日焼け止め入りの虫除けスプレーをかけつつ、ティッシュで拭きつぶし、捨てる。




そうして分かった、この不法侵入者のテント侵入術。







なんと、テントの底に大量の穴が開いていた。

DSC06600.jpg


こ、こいつら・・・






そう、まさかの、やつらの鋭い口?あご?でテントを突き破り、入ってきたのだ。




しかも、アリの巣みたいに穴ひとつでそっから突入~!!やったらまだ良かったのに、


誰の命令や。それぞれを定位置につかせ、各々好きな場所から侵入を試みやがったため、ありえない数の穴があいていた。





く、くそーー。



もう仕方が無い、とりあえずパッキングして、アリは全て追い払い、出発や。





食欲も湧かず、クッキーだけで出発。



しばらく走ってると道路わきに女の子が横たわっていた。






???



タオルを枕のようにして寝ている感じやった。




通り過ぎ、頭の中でいろいろ考える。






気になりすぎて、Uターンして引き返し、女の子のところへ。



「Hora!!おらー!」

と声をかけるが返答なし。何度も大声で。



・・・。


まさか?!と嫌な予感して、さらに近づき呼吸してるか確認。






良かった。息してる。



でもここは危険や思って、とりあえずヒッチハイクを試みた。


何度も車を呼ぶが、スルーだ。






なんてこった。どうしたらええんや。



近くに牛や馬もいっぱいいたからここら辺の女の子?




全く分からず、呼吸はしてるけど、声かけても起きない彼女に恐怖心を抱き、




こんなん初めてで分からんかったから、持ってるお菓子全部を彼女の手元に置き、この場から去った。







この後、女の子が目を覚まして、お母さんにラッキー、お菓子おいてあったーと笑顔で言ってる光景を勝手に想像して平常心を取り戻そうとしていた。







ビジャソンにつき、夜は豪雨。明日はいよいよアルゼンチン入国。






★12/7 3キロ La Quiaca

朝食ゆっくり食べて、8時過ぎ出発。

さ、本日はアルゼンチン入国やー


・・・え、うそやろ?めっちゃ並んでるやん。なにこれ。



私は自転車やからこっちのなんか空いてるとこ~


って無理に決まってるやん。普通に注意されてあっち並んで言われた。
DSC06605.jpg



ざっと100人は超えてるでしょう。


何事や!?ってなんか大型の2階建てのバスが2台も止まってる。


くそ~観光客め、どんぴしゃのタイミングでかぶってしまった。



1番後ろへ並ぶ。そして次から次へとまたミニバスやツーリスト来て、ごっつ嫌な顔して、え、これ並ぶん?皆言うてる。

皆ため息つく。
DSC06606.jpg



え、こんなん毎日?って前のおじさんに聞いたら今日は特別多いとのこと。




ちっくしょー



日差しが暑いし、ひたすら寝てるのんきな犬見て、周りの人らと喋って時間つぶす。
DSC06608.jpg



結局2時間以上並んで、イミグレめっちゃあっさり通過。



荷物チェック厳しいて聞いてたけど、へんなもん入ってない?はい。


とさらっと終了。





時差があり、1時間さらに進むことになるから、時間は11時半を回っていた。





・・・・・・




えっと、今日走るのやーめた。





宿を探し、くつろぎ終了。明日こそは走ろう。








★12/8 Abra pampa 79キロ 宿40ペソ


本日も8時過ぎに出発。

とりあえず、今日、ずっとリャマとリャマ注意の看板の交互に攻めてくるやつ、ほんま後半腹たった。
DSC06615.jpg




もう分かったって。ってなるくらい、ほんま、なんぼほど出てくるねん。



服着たリャマ
DSC06614.jpg



7,8回以上はキタで。



ほんで残り20キロやー約1時間やなってとこでまさかのパンク。



あと1時間やし、空気入れてもつかなーって入れたらすぐシューゆうてアカン。これはあきまへん。



修理開始。えーもうなんやねんー。何も踏んだ様子なし。





タイヤチェック。


・・・ななな、なんでやねーん!!!!



それはなしやわ。

タイヤのワイヤーが出てきてチューブに貫通。それはないわ。
DSC06618.jpg


だってラパスで替えたとこやし。まあ、若干古いタイヤやったけど、ほぼ新品同様ってことでクスコで手に入れたタイヤ。マラソンプラスやで?



このタイヤのワイヤー切って使うか、予備のKENDAのタイヤ使うか・・・



もう弱いかもしらんけど、KENDAに換えた。



再び走り出す。また黄色い看板見えて、もうリャマええて!って心の中でいらついてたら、
















DSC06619.jpg

・・・牛やった。・・逆になんでやねん。。


ほんで町着くー。


あ、吠えられて追われてる
DSC06610.jpg

バイクみたいな自転車



晩御飯メルカドで食べたけどおいしくない。





んで、1リットルのフルーツミックスジュースを飲みすぎて、夜、何度もGO to トイレ。


何やねん、くそー



| アルゼンチン | コメント(0)

POTOSI鉱山&TUPIZA馬&体調不良

12/1

ポトシにやってきました。

ただ鉱山に行ってみたいとゆうだけで。

ここは標高4000Mの鉱山



中に入るため、ヘルメット、ヘッドランプ、長靴、作業着に着替えます。
DSC06451.jpg

台湾人のおばはん、マスクまでちゃっかり着用してるやん~ガイドも持ってたし。言うといてや。

レッツらGOです
DSC06454.jpg




本日一緒に中へ入るのはガイドのおばちゃんと、台湾人のおばちゃん



台湾人のおばちゃん、ちょっと中歩いただけで息切れ。さすがに標高高いものね。


さらには、なかなか降りてけーへんなーて、上を覗く。

DSC06463.jpg

私はここは行けない、待ってるとかゆうてくる。


途中神様がいました。

DSC06455.jpg



・・・神様?



なんか、不気味やけど、予め購入しておいたコカの葉をかけて、ガイドの真似をし、感謝の言葉をそえ、後にしました。






DSC06477.jpg


不気味やわ

鉱山の中は、それはそれは空気が悪く、真っ暗やし、私でもかがんで腰をまげて歩かなければならない。



しかも働いてる間はずっとこの中から出ず、コカの葉と飲み物だけで過ごすらしい。



1日、というか数時間で正直きついなと感じた。





しかも低賃金


いやー、やはり働かなければならないね。



でもこれはほんま過酷すぎるわ
DSC06472.jpg
んん、確かにそれっぽいものが
DSC06479.jpg




最初かなり興味津々で写真パシャパシャとってた台湾人のおばはんはひたすら無言でカメラにすら触れんくなってた。


おつかれさん。



12/3

TUPIZA

ここの目的は馬に乗って散歩する。


そう、だから着いて宿決めて、旅行会社にさっそく馬に乗りたいと言いに行く



しかしやな、高い。

3時間、5時間、7時間のコースがあるんやけど、なーんか、そんな馬長いことはええか思って初心者コースの3時間。



いつもの勢いの値切りのユリは本日は出てこなかった。



なんでや、体がだるい。

ただ眠いだけかなー思って次の日の馬のためにも早く寝た。




朝9時前に起きる。馬の約束は10時。



・・・無理や。


馬に乗れん、この体のダルさ、一体なに?








この約5ヶ月、体調不良ゼロ。


やからこそ、このちょっとした風邪か何か分からんしんどさにはビビル。



ほんで旅行会社に言う。




「なんか熱があるっぽい。しんどい。馬に乗られへん。病院行きたい」と



馬の件は大丈夫とのことで、おばちゃんも心配してくれて、病院の場所を教えてくれた。



でも歩くにしたら若干遠い。面倒くさい。






そんな時現れた、

「私は医者だ」と名乗るおっさん。



ツアー会社のおばはんも

「彼は医者よ」と言ってくる。






・・・ほんまに?



でも完全早く楽になりたいのと、病院歩いていくの嫌やったからこの偽者か本物か分からん、なんでここにおるねんとツッコミたくなるおっさんに診てもらうことに。



ここのツアー会社はHOTELと併設されてるから、たまたまHOTELに泊まってた医者?




もうどうでもええわ。

お願いします、と診てもらうことに。



いろんな質問されて、お腹押されて、質問されて、聴診器当てられて、質問されて、終了。






薬の名前書いてくれて、近くの薬局で買いなとのこと。



私は不安要素であった、犬の甘噛み事件の話をした。




「狂犬病」の症状とは違うけど、まさかね、とビビリながらも聞いてみた。



傷できてないなら大丈夫とのことであっさり話終わる。




本物か分からん医者に言われたことやけど、安心した。









馬の件は、また午後の部の3時に来てと言われた。



薬を購入し、飲み、寝る。





午後の部の馬の時間だ。




調子、ますます悪いなり。




馬、無理や。


ヘロヘロなってツアー会社にすんませんと言いにいく。






お金は返すし、気にしないで。と



しんどい時、優しい言葉に余計弱くなる。





ほんで宿に戻り、体温計ありますか?って聞いた。



無いけど、これあげると薬もらった。





辞書で調べると、解熱剤と書いてたから飲むことに。



ちなみに晩御飯は優しいスープ



ラパスで150円で購入した電熱コイル。


1分で沸騰するすぐれもの
DSC06505.jpg




ほんで、寝る。




夜、すこぶる調子よし。回復の傾向にあります。


めっちゃ治るん早ない?



これなら明日いけそうやな、思いながら映画見てねる。





朝、治りました。薬ってすごい
DSC06506.jpg



旅行会社に今日行けそうやと伝えると、1時間後に出発ねと言われる。


あいよ!!!






他に2名の方と一緒にお散歩です



まずは馬チョイス



私は彼です
DSC06568.jpg


めっちゃでかいやん。

DSC06565.jpg



そして、すこぶる賢い。安心や


4人でのんびり
DSC06510.jpg




で、ここの景色すんごい

DSC06519.jpg

なんかガイドの馬暴れがち。

DSC06516.jpg





途中休憩タイム。馬のね。
DSC06537.jpg


私たちは近くの岩山みたいなとこ登る
DSC06550.jpg

降りるんがこわい


わーい
DSC06548.jpg



もうぎりぎり
DSC06553.jpg



それにしても壮大
DSC06526.jpg

なんなんこれ
DSC06556.jpg


ひととおり楽しんで違うルートで戻って終了
DSC06562.jpg



めっちゃ暑かったし3時間で十分やった。





馬で旅するのもありやな。





馬の後、晩御飯たべてウロウロしてたら、

DSC06500.jpg

え、道端やけども、




でもめでたいから、「ボニート~」って言いながらウチも写真とってみた




そしたら花嫁さんが、「あなたも、さあ、おいで」

と私に手招きしてきます。






・・・手招きされたほうへ私は必ずいきます。




ゆうことで、なんかよう分からんけど、家族写真に入ることに。



DSC06502.jpg



・・・。



なんでや、なんで誰一人笑ってへんねや。




それまで皆最高の笑顔でおいで~おいで~言うてたのに、


写真となったらこの表情

DSC06502.jpg


なんでや。


笑ったらあかんかったんやな。ごめん


ほんで、他の町でもいっぱい見てきたけど、

ここのまちが間違いなく1番やった

DSC06495.jpg

また
DSC06494.jpg

またや
DSC06493.jpg


普通に町のバスに使われてるんやけど、30分に10台以上見た。


すごいねJAPAN

| ボリビア | コメント(0)

自分の足でもやっぱり行きたい

いや~ツアーで満足しすぎてそのままウユニ出ようかとも一瞬考えたけど、


せっかくの乾期!

せっかくの自転車!



ゆうことで次の日は自転車でまたまたウユニ塩湖へGO~






ウユニの街出て、
DSC06324.jpg


えっと、どこ進んだらええんかな?



とりあえずトラックが向かうほうへ私も





そしておばちゃんに、こっち?


って聞いたら、こっち。とのことやったから進む



あ、

DSC06325.jpg



この看板見た見た昨日のツアーでも


ほんで走りますー



いや、まあまあ悪路やん。砂もりもりでタイヤ埋まる



早く塩湖にたどり着きたい~





なんてわかりやすいの。笑
DSC06331.jpg



そして走りやすい





ほんで先に見えてきた
DSC06332.jpg



いえーい。到着。
DSC06333.jpg

JAPANの国旗前集合~



ここにも塩のホテルあるけど、もちろん行きません。


ちなみに昨日の高級塩ホテルよりはだいぶ安いけどね。








昨日も来てる場所やけど、自転車やとまた違うなー




タイ人に一緒に旅しようと誘われる。

DSC06335.jpg


タイ料理作ってくれるから、毎日食べれるという特典付




でもな~、あなた自転車ちゃうやん。ほんで焼けすぎて真っ黒やん。断る。






本日は適当に走って、好きなとこにテント張って寝るというプラン。








ここからちょっと走って、塩湖のサクサク感を楽しんで、もうええかってなってすぐ走るのやんぺ。




とりあえず、一人でもあそぶ
DSC06364.jpg



どうしよ、三点倒立でけへんくなってた。。
DSC06377.jpg

塩湖固くて頭痛かった



テント張ります
DSC06393.jpg




昨日くもりで見れなっかた夕日!
DSC06387.jpg


テントの中で、すべらない話見て笑う
DSC06414.jpg

やっぱ天才やな。おもしろいわー




夜中起きる
DSC06423.jpg


月とオリオン座?やら星いっぱい見れた




おはよ~
DSC06433.jpg


朝やー。塩湖を去る準備。


朝食
DSC06434.jpg
ラーメン作ったけど、標高高いからか、まずっ!



帰りも寄ってもた




そして、皆メッセージ書いてるとこへ、ウチも
DSC06435.jpg




ほんで行きにもこの慰霊碑見たんやけど、書かれてることまでは見てなかったから、読む。

DSC06436.jpg


衝撃やった。日本人の名前が5人もそこにあった。




知らなかった。ここに書かれてて理解できたのは2008年5月1日、日本人含む13人が事故で亡くなったとのこと




ネットつながるとこでも後から調べてみた



あの旗が立っていた塩のホテルから車で約10分のところで車両の正面衝突、爆発炎上事故があったそうだ。



この事故で13人もの命が奪われ、そのうちの5人が日本人。






なんといったらいったらいいか分からんけど、悲しくなったし、その場でご冥福をお祈りしました。



そして、車といつも近くを走ってる毎日やから、ほんま自分も気をつけなアカンと気が引き締まった。







帰りの悪路にこけそうなりながら、町に戻った
DSC06438.jpg


左のグレーの道、走りやすそうに見えて、砂もりもりで、こっちの見た目ひどそうなほうがマシやった。



  



それでも、雨期にもう一度来たい、そう思えた場所やった。

| ボリビア | コメント(2)

UYUNI1日ツアーでアホになろう!!!!

11/28


さ、本日塩湖に向かって走るわよと意気込み、ツアー会社にGO!



え?なんでってルートが不安ですから、一応聞こうと思って。



そしたら日本人3人おって車をチャーターしたいけど人数が足らんとのこと。参加してもよかったけど、なんか時間かかりそうやったからとりあえず、おっちゃんにルート確認




そしたら今日のツアーの話もされた。



このおっちゃん、有名な人や。なんか写真やらいっぱい撮ってくれる有名なおっちゃんや。





今日担当なんか~・・・





はい、自転車を宿に戻し、ツアー参加決定。




さっそくGOです



まずは列車の墓~

DSC06192.jpg
ん~あまり興味がなく、ブランコー

DSC06194.jpg


スウェーデン人の二人もシーソー

DSC06197.jpg

途中塩のホテル(かなり高級)に寄る。同じツアーに参加してたサラリーマンが今晩泊まるらしい。
DSC06200.jpg

おっちゃんが私に言う


貧乏人は無理だよ。と




いいさ、私にはテントがあるし。




そして、




ここから写真とるでとるで

DSC06207.jpg


飛ぶで飛ぶで
DSC06209.jpg
なんかこのウチの飛び方ダサ


わーい
DSC06210.jpg


途中一部水が張ってるところにも連れてってもろた
DSC06212.jpg


いえーい
DSC06221.jpg

って調子乗ってたらズボッって塩湖にはまる。

右足塩湖につかり、ぐしょぐしょ。笑うおっちゃん、くそ~
DSC06229.jpg


雨期はもっとスゴイんやろな~
DSC06213.jpg


ランチタイム
DSC06216.jpg


おいし。ただホンマまぶしい。。




さて、いつになったらオモシロ写真とるの?としつこく私たちは要求します。




おっちゃんは「あとで^^」




そればっかり。




ぬいぐるみか。
DSC06217.jpg


でもこのおっちゃんさすがや。ちょこちょここうゆう穴あるんやけど
DSC06270.jpg
ウチが塩湖にはまったんを哀れんで
DSC06268.jpg
塩湖に腕突っ込み、GETしてくれたのが


DSC06627.jpg


塩のクリスタル!!!めっちゃきれい!



これが自然にできるなんてほんますごい!


ありがとうおっちゃん!


インカワシ島!!車降りて30分くらい?登ります

サボテンだらけや~
DSC06250.jpg

お花。かわいい
DSC06234.jpg

なんかテンション上がる場所やなココ!!
DSC06238.jpg

最後にリャマと対決
DSC06256.jpg
ツバ吐かれる怖さもあったけど、威嚇してみた




車にも乗るで~
DSC06263.jpg



そしておっちゃんの本領発揮タイムや!この光景おかしすぎるやろ
DSC06275.jpg




まずは耳元で甘いささやき
DSC06273.jpg





くつ、でっかくなっちゃった
DSC06280.jpg

ちなみにはまった右の靴は塩で真っ白に





とにかく、70代まで飛び続けよう
DSC06286.jpg





おなか空いた



とりあえずつまんで、
DSC06290.jpg







いただきまーす!!
DSC06281.jpg






悪さをしたら、おしおきしましょう
DSC06296.jpg






大きくなったら、襲いましょう
DSC06304.jpg








いつまでもアホでいよう~
DSC06318.jpg





ツアーのメンバーも乗りよくて最高でした


宿戻って、本日走ってないのにアメリカぶりピザ~


DSC06322.jpg

300円と、ボリビアではなかなか高級やけど、底の生地もカリカリでボリュームあってめっちゃ美味しかった^^




いやーウユニいいね!!

| ボリビア | コメント(0)

uyuni目指してGO!!!!!

★11/24 77キロ

ラパスを出て久々走る。



・・・いやいや、しんどーーー!!!!


ラパスはすり鉢状になってるから出るときめっちゃ登らなアカンのです。


びっくりするわ。




ほんま嫌なったわ。約2時間かけて、ようやく上り坂終了、ラパス脱出。



ご褒美はおばちゃんが絞る100%オレンジジュース^^

DSC06140.jpg



生き返るわ~。体にしみわたるこのオレンジジュース。



ボリビアで何回も飲んだけど、ポンジュースよりもはるかに美味しい。



いつ戻ってくるの?今日ここで泊まりーや言うてくれる優しいおばちゃんやけど、いやいやまだもうちょっと走るわな。

でも車多いな~
DSC06141.jpg
しかもすれすれ走ってくる。こわ

77キロ走り、約400円のHOTEL見つけたからもうここで寝ます。



★11/25  128キロ 宿20ボリ(約200円)


よっしゃ今日は7:30出発やー思って起きたら8時前。うそん。


なぬー、寝すぎや。



平坦やらUPDOWNあったり50キロ走る。



ここぞというときの為にレッドブルをラパスで買っていた。

DSC06146.jpg


日本ぶり、久々すぎてああおいし。





村の人々は毎度にっこりあいさつしてくれる。子どもまで。馬鹿にした感じじゃなくて、ちゃんと。



嬉しいね。





レッドブルのおかげで100キロ超えてもしんどくないぞ。


さすが。レッドブル!


リャマ?
DSC06154.jpg



あ、うん、リャマでした
DSC06157.jpg


本日の安い宿はシャワーなし。トイレ流れず。


そう、お水が常に出ないそうです



まあそれでも熟睡できました




★11/25 オルロ ホテル60ボリ

オルロ到着なにこれ?
DSC06161.jpg


なんか芸術やな~
DSC06163.jpg

こんなモニュメントいっぱいあった。





昼ごろついて、なんかじゃがいも丸ごと揚げた爆弾みたいなん屋台で食べた。

DSC06169.jpg



何やこれ!めっちゃおいしいやん!もう一個追加でお持ち帰り。一個約30円


なかにお肉と卵と野菜はいってて周りは衣つけてサクサク。

DSC06168.jpg


コロッケに負けへんおいしさ。日本帰ったら作ろ。



B級グルメ選手権でたら上位確定やな。


てかボリビア食べ物マズイって聞いてたけど、めっちゃおいしいやん。米は残念やけど他はGOODやねー


ちなみにこれがボリビアで有名なサルティージャ
DSC06182.jpg

サクッとスプーン入れると肉汁あふれます。


でも爆弾じゃがいものが美味しかったなー




夜のオルロの公園
DSC06179.jpg

なんか南米の公園洒落てるよね。きれいやわ


★11/27 オルローウユニ 電車の旅 


朝から昼間はメルカドでうろうろ。かわいい小銭入れまたみつけて購入。うふ


列車、快適すぎるやろ。
DSC06186.jpg


ごはん食べれるとこ行って、フルーツジュース頼んで映画見る。

DSC06187.jpg



今まで旅中に映画とか全然みてへんかったけど、ラパスにて大量にデータをいただき、より快適になりました。




 

クレヨンしんちゃん、ラピュタなどのジブリ系、すべらない話、などなど。




列車からの景色?ちら見で映画に集中。



今回は「イントゥザ ワイルド」とかゆう旅人の映画見たんやけど、いろいろ考えさせられたね。



約7時間の電車はあっちゅうまでした。




明日、いよいよ塩湖です~



| ボリビア | コメント(0)